初稽古、2019。

投稿日 : 2019年1月9日

1月8日、無事に初稽古をすることができました。 台子に皆具の取り合わせで、どっしりとしたお稽古始めです。 お昼ご飯には、写真のようなお料理を。 今年評判が良かったのは、百合根ご飯でした。 いつもど…

Read more...

新年に寄せて、2019。食の記録。

投稿日 : 2019年1月9日

結婚後、年越しそばに関しては紆余曲折ありますw。 なぜなら、それぞれの実家での年越しそばを食べる時間が違っていたから。 主人の実家では、「年越しそばは『年を越す瞬間に食べるもの』でしょ」ということで、深夜12時に食べてい…

Read more...

新年に寄せて、2019。花の記録。

投稿日 : 2019年1月9日

喪中とはいえ実家のことなので、「旦那さんや子どもたちもお祝いなし…と頑なになることもないわよ」と実母に言われて、私以外の家族は普通にお正月を迎えることにしました。 中2の娘が活けたお花は、 若松・柳(銀)・百合・千両(赤…

Read more...

斜子織。

投稿日 : 2018年12月16日

「ななこおり」と読みます。 織物、なんとも奥深い世界です。 子どもたちの相伝帛紗は、斜子織りという織り方で織られています。 平織りの織物の一種で、表面には細かく織り目が表れます。 「ななこおり」は漢字で当てるといくつか…

Read more...

襲色目。

投稿日 : 2018年11月23日

日本人ならではの色彩感覚。 日本人の色彩感覚が優れていたことは、色を表現するコトバが沢山あることからもよく指摘されています。 萌葱色(あさぎいろ)、葡萄色(えびいろ)、伽羅色(きゃらいろ)、紅鳶色(べにとびいろ)、臙脂…

Read more...

相伝帛紗、その3。

投稿日 : 2018年11月14日

かわいい柄! 相伝帛紗について、息子の帛紗に引き続き、娘の帛紗について。 娘のは、紅色の蕾紅梅(つぼみこうばい)。こちらも、平安時代の襲色目(かさねいろめ)のひとつです。 つぼみこうばいは「蕾紅梅」の他、「莟紅梅」とも…

Read more...