八王子車人形。

投稿日 : 2014年1月3日
[`evernote` not found]

th_DSC02259

ふと出会えた伝統芸能。

今日のお昼前、八王子駅ビルのショッピングセンターCELEOに立ち寄ったら、吹き抜けのエスカレーター横で八王子の伝統芸能「車人形」の公演に出会えました。江戸時代から伝わる人形芝居です。

人形浄瑠璃にちょっと似ています。違うところは三人遣いではなく、一人遣い。その分、足は自分の足、首は自分の頭で操作します。演者は三つの車輪がついた箱に腰掛けて舞台上を動きます。

演者は黒衣じゃなく紋付き袴の正装姿。お正月だからか、車人形はいつでもそうなのかわかりませんが、はっきりと演者の動きが見えるので、面白かったです。

th_DSC02266

演目は「団子売」。係の方が子連れの私たちに話しかけてくれ、一番おもしろい演目ですよ、と言っていました。

臼と杵でお餅をついて、できたお団子を売り歩く仲良しの夫婦。「三番叟」などの定番ものも演じるようですが、「団子売」は、こどもにもとてもわかりやすく、係の方のオススメ通り、なるほどいい演目でした。

こども達は、車人形どころか、伝統的な人形芝居を見るの自体が初めて。夢中になって立ち尽くしていました。

お正月は着物で過ごす我が家。お出かけも四人で着物でした。男の子の着物姿は珍しいらしく、息子などは「あらぁ〜!かわいい!」と、すれ違うおばちゃんたちの間で人気者に。まんざらでもなさそうです(^^)

th_DSC02264

[`evernote` not found]