読書」タグアーカイブ

携帯電話のない生活。

投稿日 : 2014年4月2日

th_DSC03200

実際なくなってみると…

2013年本屋大賞ノミネート作品、「世界から猫が消えたなら」を今更ながら図書館で借り、読みました。

僕は生きるために、
消すことを決めた。

今日もし突然、
チョコレートが消えたなら
電話が消えたなら
映画が消えたなら
時計が消えたなら
猫が消えたら
そして
僕が消えたなら

世界はどう変化し、人は何を得て、何を失うのか
30歳郵便配達員。余命あとわずか。
陽気な悪魔が僕の周りにあるものと引き換えに1日の命を与える。
僕と猫と陽気な悪魔の摩訶不思議な7日間がはじまった―――

消してみることで、価値が生まれる。
失うことで、大切さが分かる。
感動的、人生哲学エンタテインメント。

魅力的な謳い文句と沢山の方の感想にまんまとやられて、手に取ったというわけです(感想は読書メーターにあげてます)。興味を持ったのは、携帯が消えた生活が出てくるというから。

世界から携帯がなくなって、主人公は気付いたといいます。
「なくてもよかったものが、たった20年で、なくてはならないものかのように人間を支配している。人は携帯を発明することにより、携帯を持たない不安も同時に発明してしまった。」

本当、その通り。

私は、高校生の時はポケベルを持ってました。大学生の時はPHSから携帯。社会人になっても携帯を持ってました。でも、結婚して、やめました。でも、最初は不安だらけでした。

やめようかという話になった時、「やめたら、友達との繋がりが無くなっちゃうんじゃないかな…」と不安に。まずはPHSにして(それまでの番号は引き継がず、新しい番号になって)様子をみました。新しい番号は、持っていた携帯の電話帳に登録してあった友人すべてに連絡できたわけじゃないので、特に親しい人にだけ教えました。

でもこのPHS、ほとんど使わなかった。専業主婦になって家にいることが多いし、大抵はメールでの連絡ばかり。電話をかけなきゃならないことってあまりなかった。いいや、もういらないや。一年足らずで、結局契約をやめてしまいました。

やめてみると、何で今まであんなに携帯が大事だと思ってたんだろう?と不思議に思うくらい。毎日身につけていたのが嘘のようでした。

特に煩わしさから解放されたなと思ったのは、マナーモードや電源オフにしなければならない場所を意識しないで済むようになったところ。電車に乗る前や図書館や美術館などの静かな場所に入る時など、気をつけなければならない場面って、それまでたくさんありました。もう、そんなこと気にしなくていいんだと思ったら、なんだかすごく自由になった感じがしました。

主婦の私が外に出掛けるときは、ほとんど何かの用事があるときだけ。お稽古や仕事の打ち合わせなど、もし電話を持っていても電源を切らなければならない状況の中にいるのだものね。

「すぐに伝えられないもどかしい時間こそが、相手のことを想っている時間そのものなのだ。」
小説の主人公はそんなことを言ってました。う〜ん、そこまでセンチメンタルになったことはないけれど。

家では、Wi-Fi環境でメールやネットを自由にできる道具たちが色々あるので(PC、タブレット、お下がりのiPhoneなどなど)、携帯持っているのとあまり変わらない感じですが、外に出掛けると途端に何もなくなります。

外にいる私を捕まえたい方には、迷惑をかけているとは思うけれど。みんな、もはや諦めてくれてます。

携帯があればなぁと思うこともありますが、それも一年のうちに一回あるかないか。公衆電話もあるし、Wi-Fiスポットも結構あるしね。

お陰さまで、電車の中などでは、結構本が読めます。なかなかいいものですよ。この開放感を体験してみたくなったら、家にわざと携帯を置き忘れてみるといいかもね?

読書ランプ、買いました。

投稿日 : 2013年8月31日

th_Ikea_kohoku

IKEA港北に行ってきましたよ。

前々から、IKEAに行くたびに
気になっていた、読書ランプ。

割りと読書好きな私としては
ソファの横にあるといいなぁって
いつも売り場でいじっていました。

でも、最近は無機質な金属質の
インダストリアル系デザインが人気らしく
ランプシェードが金属だったりして、
ちょっとウチの雰囲気に合わないなと
思っていました。

だけど、これならどうかな?と
HPを見て思っていたのが、
SAMTIDというランプ。
samtid-furoa-du-shu-ranpu__0091464_PE227139_S4
値段もすごく安いから、
冒険するのも惜しくない感じ。
よぉし、と、IKEA港北へ。

気まぐれにふらりと行ったので、
土曜の午後3時過ぎに到着。

土日は混みあうIKEAですが、
午前中から来ているファミリーたちが
そろそろ帰り始める時間。
駐車場も難なく店内入口近くに
停めることができました。

SMOLANDはもう受付終了。
子どもたちはボールプールで遊ぶのを
楽しみにしていた様子で
ちょっと残念そう。ごめんね。

さて、照明売り場へ。
SAMTIDの現物を見てみると、
プラスティックの硬質な感じが
やっぱりちょっと安っぽいかなぁ、と。

ねぇ、これってさぁ、
シェード替えられないのかな?

SAMTIDのプラスティックシェードは
ネジで3箇所で止められている。
売り場の見本のシェードを外してみる。
お、いけそうだね。

そして、シェード売り場から、
ナチュラルな感じの布のシェードを
いくつも持ってきて、交換しては検討。

あまり大きいものや、
刺繍などがついて重いものだと、
照明の足の関節部分が
重さに耐えられなくて
ランプ部分がゆるーっと
下がってきてしまう。

結局一番シンプルで、ナチュラルカラーで
飽きのこないOLLSTAのベージュに決定!

ollsta-shedo__0118357_PE273971_S4

なかなか、自然な雰囲気で
いい感じになったよね。
読書がより楽しくなりそうです。

th_DSC01895

廃墟巡礼

投稿日 : 2013年5月28日

20130701-194826.jpg

廃墟が好きです。。。

人工物が元の形を留めずに朽ちていき、
自然と時間の経過に凌駕されていく姿に
何故か惹かれてしまいます。

廃墟好き、廃墟フェチなどと呼ばれます。
そんな人種に必読のこの本。

平凡社新書から出ている、
宇佐見圭司 「廃墟巡礼」

画家である作者が、
人間の作った作品は常に未完成だ
と考えているところに共感しました。

人の手を離れた作品が、
時間や自然の流れの中で、
自ら新しい生成を成し遂げるのだと
作者はいいます。

生命は自己だけでは非完結であり、
世界に向かって開かれている。

廃墟の魅力を語りながら、
傲慢になり過ぎた現代人に
警鐘を鳴らしている気がしました。

廃墟に魅了されてしまう理由を
言葉で表現すると、
こうなるのでしょうね。

とはいえ、
語らずとも「好きなものは好き」で、
いいような気もしたり。