熊の敷石

投稿日 : 2013年2月16日
[`evernote` not found]

20130216-200052.jpg不思議と、物語中の会話が
フランス語で喋ってる感じが
伝わって来た。

聞くところによると、
翻訳なさる作家さんなのだとか。

ちなみに、
私にこの本を勧めてくれた友達は
語学関連の仕事をしているのです。

一度フランス語で書いてから
日本語に訳してるみたい、
という友達談に納得です。

だって、
「ペタンクの素晴らしい投げ手」
とか、日本語っぽくないよね(^^;;

淡々とした文体、好きです。

頭の中でフランスの田舎の風景を
思い描きながら読みました。

なんだか、私自身が真っ白になって
考えさせられてしまった感じ。

描かれる風景は、
ちゃんと色んな色が使われてるのに、なんとなく、
白からベージュ、グレーの
グラデーションのイメージが浮かぶ。

不思議な浮遊感と清潔感。
もう一度、読みたい。

海辺の崖から、
カマンベールチーズを投げたい。

[`evernote` not found]