タグ別アーカイブ: 悩み

四十の「声」を聞く。

投稿日 : 2017年7月28日

ばあばの表現は面白い。 主人の母「ばあば」から教わることは山とあり、ばあばとのおしゃべりは貴重な時間です。 ばあばの普段使いの言葉の中には、結婚前の私は使わなかった表現が沢山あります。 それがまた…

Read more...

雨の声。風の声。

投稿日 : 2017年7月15日

受け取るココロさえあれば。 お茶の席の床の間に掛ける軸には、禅語や和歌などが書かれていることが多いのですが、その中でよく見かけるのが「声」「聲」(こえ)というコトバです。 「音」(おと)よりも「声」。なぜなのかなと考え…

Read more...

「鳥が教えてくれた空」を読む。

投稿日 : 2017年7月12日

感じるココロさえあれば。 米原万里さんの書評集での紹介があまりにも魅力的だったので、三宮麻由子さんの「鳥が教えてくれた空」を読んでみました。米原万里さんのようにうまく表現できないけれども、感激をどこかに残しておきたいの…

Read more...

「質問力」でハッとした。

投稿日 : 2017年6月10日

茂木さん、さすがです。 茂木健一郎さんの本を読むと、思いもよらない視点を与えてもらえたり、考えていたことがクリアにまとめられたりします。時々ふと手に取るんですが、今回、「最高の結果を引き出す質問力」という本を読んでいて…

Read more...

「離見の見」とは。

投稿日 : 2017年6月4日

ちょっと一歩離れてみれば…。 文章題が苦手な教え子に、どうやって論理的思考力をつけようか考えあぐねて、「出口汪の「最強! 」の論理的に考える技術」という本を手に取りました。 可愛いイラストの表紙と挿絵がある上、アイコン…

Read more...

理不尽を学ぶのも大事。

投稿日 : 2017年6月3日

子どもの世界はタイヘン。 小さい頃は、ちびっ子達に大人の理屈が通じる訳もなく、「嫌なものは嫌!」と主張する子が沢山いるのもごもっとも。あの子とは遊びたくない!と”のけ者”にされた時、「どうして?」と聞いたって何の意味も…

Read more...