三浦の大根。

投稿日 : 2013年12月11日
[`evernote` not found]

th_DSC02170

今年の大根は、まだ小さいけど美味しい!

冬です。
大根の季節です。

先日葉山に行った際、三浦大根農家の
お手伝いをしている方から
大量の大根を頂きました。
総数20本!

親族などに配り歩くと、
三浦の大根は格別美味しいわよね!と
皆さん喜んでいました。

まだ本格的な冬らしさはなく、小ぶりですが、
みずみずしくて辛味は少なく、甘味たっぷり。

どんな料理にしようか?と
毎日バリエーションを変えながら
食卓に上がります。

まずは、大根おろしや
サラダ、塩もみして浅漬など、
生で食べて新鮮さを楽しんで。

そして、薄味のダシで煮て
ふろふき大根にしたり、
さつま揚げなどと煮ておでん風に。


そして寒い日には、
ブリのみぞれ煮にしてみました。

th_DSC02187

長ネギはあらかじめフライパンで
こんがりとした焼き目をつけました。
食べやすい大きさに切ったブリは
粉をはたいて香ばしく表面を焼いて。
厚揚げも一緒にダシで煮ます。

どちらも中まで火が通ったら、
おろして軽く水気をきった大根を
たっぷり入れて、軽く煮立てておしまい。

針柚子をパラリとしたいところ。
今回は完熟かぼすの皮だったので、
柚子よりシャッキリした風味です。

写真はお皿に盛りましたが、
土鍋でグツグツいうのをみんなで
食卓でつついてもいいですよね。


大根は体が温まって、冬には最高の食材です。
お肉と煮たり、お味噌汁の具にしたり。
グリルで焼いて食べるのも、
新鮮な大根ならではの贅沢です。

そうそう、喉が痛い時には
「ダイコンアメ」がいいそうです。

小さく切った大根をはちみつに漬けて
しばらく置くと大根の水分がはちみつに出て
はちみつがサラッとしてきて、
これでダイコンアメ完成。

そのままスプーンですくって舐めたり
ちょっとお湯に溶いて飲んだりすると
喉にいいんですって。

さてさて、残りはどうやって
食べようかな。。。
今日も献立に悩んで
主婦に暇はありません!

th_DSC02184

[`evernote` not found]